特定調停か?低金利おまとめローンに借り換えか?

特定調停か?低金利おまとめローンに借り換えか?

数社にお金を借りているいわゆる多重債務の方や、消費者金融ではなく、クレジットカードの支払い残高が複数ある人は細かい支払いが多く、元本がなかなか減らない場合が多いですね。
何ヶ月たっても元本ではなく手数料ばかりを支払っているような状態は辛いものです。

ただ、自己破産をしてしまえば、当然ブラックリストに乗ってしまいますし、何かと生活に不便が出ます。
自己破産までいかなくても、特定調停というてがあります。

特定調停は、複数の借入先に簡易裁判所を通して、債務を圧縮してもらう方法です。
ですが、特定調停にもデメリットがあります。

たとえば、借入残高が多い場合は、3年(最長5年)で完済できない可能性があるため、特定調停事体が難しいということ。
また取引期間が短い場合、利息制限法などによる残金の見直しをしても影響が少ないため、あまり意味がないこと。
さらに5〜7年間は借金をすることができなくなること。(クレジットカードもつくれません。)
個人情報は提示する必要があるため、万が一返済が滞ると給料が差し押さえられること。
意外に多いのが債権者(借り入れ元)が調停に応じないこというケースです。
それに簡易裁判所に何度か直接足を運ばないといけないことです。

誰もが気軽に特定調停をできるわけではありません。
お金を貸して返してもらうことで利益を得ている消費者金融やクレジットカードは、利息で営業がなりたっているのですから、 ちゃんと規定の利息を払いながら返すというのが当たり前です。

でも、なんとか利息を減らして返して行きたい。

そういう人の要望にこたえるのが低金利のまとめローンなのです。

低金利のまとめローンというサービスを提供しているのは多くが、 銀行系など資金の豊富な会社がバックについている消費者金融であったり、いわゆる銀行系または、クレジット系です。

低金利で長く貸すことによって貸す側が利益を得るのが、低金利まとめローンというプランの特徴。

しかし、大概のローンは繰上げ返済も可能なので、高金利で数社から借りている人は、借り換えをすることにより、 元本返済が効率的になります。

あなたは特定調停を選びますか?
それともネットでまとめローンに借り替えますか?

低金利ローンに賢く借り換えおススメはモビット

モビット
三井住友銀行グループのモビットはおまとめに力を入れています。審査の早さと低金利が魅力的。初心者の方にもおすすめです。
詳しくはこちら▼