借り換えの審査とは:低金利おまとめローンで賢く借り換え!

借り換えの審査とは:低金利おまとめローンで賢く借り換え

低金利キャッシングや低金利ローンを望む人の多くはすでに他社やクレジットカードなどの複数の借り入れがある人ですよね。
低金利で借りれるというのは魅力的ですが、単に低金利の審査にと通っても、他者借り入れ分を返済できるだけの金額(融資額)がないと借り入れ件数が増えただけでむしろマイナスです。

他社借り入れ件数はもちろん少なければ少ないほど低金利のまとめローンに借り換えられる可能性は高くなります。

その判断基準となるのが、あなたが各社に提出する個人情報です。

  • どこで働いているのか?
  • 年収はいくらか?
  • 他社借り入れはあるか?
  • いくらくらいなら融資できるか(返済能力があるか)?
  • 家族構成は(家族で借金している人はいるか?)

などなど、低金利で貸すからにはきちっと利息もお金も払って欲しいのでそれなりに下調べされます。また審査の際に在籍確認が発生するので、携帯電話にはいつでも出られるようにしておく、もしくは携帯電話の留守電も自分の声で設定をしておくなどの配慮も即日審査の場合は必要です。

低金利のおまとめローンでも、即日審査や2.3日中の審査が当たり前になっています。もちろん匿名で友人や取引先などを装って電話を掛けてきますので、審査の在籍確認にびくびくする必要はありません。

また審査の基準のなかでも一番大事なのがやはり、他社借り入れ件数です。
他社借り入れ件数が多ければ多いほど、低金利でまとめられる可能性は少なくなります。

ただし、全く借りれないというわけではなく、少額の融資ならOKというところも少なくありません。
とりあえず、急ぎで借りたいという場合に低金利のローンを選択するのはいいのですが、
その後が重要

低金利で少額でも借りれたら、まずは高額な金利の借入先から返すことに専念します。
低金利で借りた方は、最低支払額を必ず返済日までに払い、融資枠の増額を狙います。

低金利でまとめるのであれば借りれるか借りれないかは「他社借入件数」にかかっています。
とにかく、低金利で借りれる枠ができたら、そのでの増額をモチベーションとし、高額な金利から返済していきましょう!そして、重要なのは、すべてのお金を返済(完済)したら、かならず、契約を解約すること!

他社借り入れ件数というのは契約中のカードが手元にあるだけで、金額云々ではなく、借り入れる可能性が今後もあるとみなされてしまいます。完済したら契約も解約手続きをすることをお忘れなく!

低金利ローンに賢く借り換えおススメはモビット

モビット
三井住友銀行グループのモビットはおまとめに力を入れています。審査の早さと低金利が魅力的。初心者の方にもおすすめです。
詳しくはこちら▼